JULI

Hey!Say!JUMPの知念侑李くんを全力で応援しているまなこ。のブログです!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPJUMP ≫ きみに贈ることば。

きみに贈ることば。

こんばんは。
ひとことだけ、どうしても言いたいこと、というか、訂正したいと思ったことがあったので、書きに来ました。

2日に挙げた記事に、わたしは、「龍太郎には戻ってきて欲しい」って書いたと思います。
この表現、よく考えたら、今のわたしの気持ちをきちんと表現できていないことに気づきました。
これでは、龍太郎がじゃんぷから出て行ったような表現になってしまっていますよね。
わたしの中では、まだいなくなってない。龍太郎はまだじゃんぷにいます。
徳永さんの復興応援ソングのタイトルを少し拝借して訂正したいと思います。

わたしは、「10人のじゃんぷがいる明日に帰りたい」です。

これからしばらくわたしの目に映るじゃんぷは9人かもしれないけど、また10人のじゃんぷをこの目で見れますように、という想いをこめて。
徳永さんを褒めたたえるわけではないですが、「明日に帰ろう」ってとても素敵な言葉だなと思います。
「帰る」っていう表現はもちろん後ろ向きではないし、でも押しつけがましいほどの前向き感もなくて、ストーンって自分の中に落ちてくる感じがするんです。
「龍太郎に戻ってきて欲しい」の「戻る」という表現がどうもしっくり来なくてモヤモヤしていたんです、ずっと。
「戻る」って表現すると、結局龍太郎だけの問題のような気がしてしまって、そこらへんに関してもモヤモヤしてました。
わたしは、自分の「10人のじゃんぷが見たい」っていう自分勝手な願望を実現させるために、龍太郎ひとりに「はい、頑張って!」なんて言って軽い気持ちで背中を押すなんてできないから。

「待ってる」んじゃない、一緒に「帰ろう」。

っていうわたしの今現在の意思表示でした。


ところで、話は変わりますが。
わたしは、実は今日ようやく「OVER」のPV&メイキングと「愛ing」のPVを観ることができました。
何を恐れていたのか、ずっと観れないでいました。
お友達がTwitter連動でひっそりと観賞会をやろうと声をかけてくれたので、それに参加することでやっと観ることができました。
観賞会という場を設けてくれたお友達には感謝です。
観る前は、観たら泣いちゃうかなとかモヤモヤしちゃうかなとか思ってたんですが、なんというか思ったよりもすっきり観ることができました。
それは、一週間経ってわたしの気持ちが落ち着いたのと、自分のこれからの方向性が固まったとかいろいろ個人的な理由もあるとは思うんですが、
何よりもそこに映ってる10人がそういう気持ち(落ちこんだ気持ちetc.)にさせないようなパワーを持っているんでしょうね。
DVDに映る10人はキラキラと輝いていて素敵でした。
細かい感想を書くために、何度も見直してもいいのかもしれませんが、
わたしは今のこのほんわかした温かい気持ちを自分の中に留めておきたいのでしばらく繰り返して観ないことにしますね。
感想は書けたら、誰も感想なんて求めていないときに書くことにします(笑)
あ、「愛ing」のクオリティーに関しては何とも言えないですけども(笑)、わたしはこの春はあまりコンサートに行けなかったのでコンサートの映像があったのはちょっと嬉しかったです。
見逃しYYポイントを発見してしまってちょっと凹みましたけども(苦笑)
とか書き始めると1回観ただけでもちょこちょこ書けてしまうので、このくらいにしておきたいと思います。

それでは、今日はこのへんで。
ひとことだけ、と言いながら、結構いろいろ書いてしまいました(笑)
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!


ジャニーズブログランキングに参加しています♪
よければクリックお願いしますv

ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト
JUMP | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする