JULI

Hey!Say!JUMPの知念侑李くんを全力で応援しているまなこ。のブログです!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP知念侑李 ≫ 1年目の想い。

1年目の想い。

以前の記事でも触れましたが・・・

もうすぐ私が初めて「知念侑李」という言葉をブログに書いた日が来ます
(ちなみに、正確な日付は2008年5月21日です)

ゆうりんと出会ってちょうど1年はこのあいだ華麗に過ぎ去りましたが←
ブログに書いた日くらい何も触れずに過ぎ去ることはしたくないなぁ~
と、思ってこのエントリーをあげています

私がこの1年精一杯JUMPを応援してきて考えたことをとにかく書きます
一応メモしてからあげてますが・・・あまりにいろいろ書き過ぎて文章のつながりがよくわかりません
頑張って解読してください←
あ、これはいわゆる「自己満エントリー」になるので・・・
苦情・批判は一切受け付けませんのであしからず。
感想とかはコメントやメールでくれても全然問題ないです(笑)

と、いうわけで・・・
ほんと自己満足なので、読みたい方は続きを読んでください
めーーーーっちゃ長いので覚悟の上で読んでくださいね(苦笑)



~好きになり始めた頃から不安に思っていたこと~

●いつまで好きでいられるんだろう?
私は好きなものを好きでいられるスパンは約1年。
超深入りして好きになっても(←マニアックにはまっても)大体1年経つとスパッと飽きちゃう性質。
1年以上好きでいられたのは、それこそポルノグラフィティくらい。
だから、JUMPに関しても最初っからちょっと不安だった。
どこかで「深入りして大丈夫かな?」って思ってた。だから、お友達をつくるのもちょっと躊躇ってた。
このことに関しては、冬コンに勇気出して一人で行ったことが良かったなって思う。
実際に生のJUMPに会っちゃったら、もう「好き!」が止まらなくなった。
もし、あの時、変な意地をはって行ってなかったら、春コンに行ってたか微妙かも。
7コンも強行スケジュールで行こうなんて思わなかったかも。
たぶん、今お付き合いしていただいてるお友達と出会ったのも大体この時期周辺だと思う。
だから、あの冬コンの時期は自分で思ってるよりもかなり大事な時期だったのかな。
それで、深入りすることに対してはちょっと不安はなくなった感じがした。
「いつまで好きでいられるんだろう?」って時々考えてた。
だけど、最近それってちょっと無駄かもって思った。
「いつまで?」って考えちゃうことで自分で「終わり」を作ろうとしてるんじゃないか?とも思えてきた。
この先、「JUMPを好きでいること」に終わりがくるかもしれなし、こないかもしれない。
それは私自身の問題だけど、1番自分ではわからない領域だとも思う。
だから、なるべく今は「いつまで?」は考えないで、目の前のJUMPを応援していきたいなって思ってます。

●JUMP>ポルノになるのが怖い

JUMPを好きになればなるほど、強くなっていったこの気持ち。
こうなったからって、誰かに文句言われるわけじゃないけど、自分の中のどこかにこういう状況(JUMP>ポルノ)になるのには「NO!!」って言ってた。
これは完全に自分の気持ちの問題なんだけどね。
なんでこう思ってたのかは説明できないけど、JUMP>ポルノに絶対ならないように!って自分に暗示かけて、どこかで気持ちにストップかけてセーブしてた。ずっと。それこそつい最近まで。
夏のサマリーに全く行かなかったのも、情報局入るのにためらいを感じてたのもこの気持ちが影響してたのかな?って今では思う。
だけど、2009年4月11日、この日の出来事のおかげで不安が一気に吹き飛んだ。
この日は、ポルノグラフィティのライブが仙台で行われた日。
用事で行けないと思ってたからチケットを取ってなかった。
だけど、行けるような状況になって、どうしても「いきたい!」という気持ちを抑えきれなくて当日券を求めに会場へ走った。
無事になんとかチケットを手に入れて会場に入り、ライブがスタート。
初めの曲のイントロ、絶対泣くような曲じゃないのに(「今宵」)、本気で泣いた。
涙で2人が全然見えないくらいに。
そこで、初めて「そっか、私はこんなにポルノが好きなんだ。会いたかったんだ。」って思った。
ポルノを好きになって初めて経験したこと。
3月はJUMPに振り回されまくりで、自覚していなかったけど、2月にライブ行ったのにも関わらずかなりのポルノ不足になっていたらしい。
これを経験して、こんなにJUMPが好きでも、私はやっぱりポルノを必要としているんだってハッキリ思えた。
これで、ある種の妙な(←)自信がついた。
ポルノ100%、JUMP100%の200%で応援できるって。
今までは、JUMPをこれ以上好きになったらポルノに対する「好き」が減っちゃうんじゃないかって思ってた。
「好き」なんて数字じゃないのに。
だから、もう「好き!」の出し惜しみはしない!ポルノにも、JUMPにも。
そう決めました。

~知念侑李のどこが好き?~

この間、「担当としてちぃのどこが好きなの?」って長電話をしていたお友達に聞かれた。
改めて、考えるとどこなんだろー?って思った。
最初こそ、気になったのは「顔」と「声」だったんだろうけど、それだけじゃいくらなんでもここまで好きにはならないよね、って。
だって、私はもう中学生とかじゃないし。
私はいつも「ゆうりんを恋愛対象としては全然みてない」って言ってる。
もし、実際にゆうりんが身近な存在で恋愛対象にもなり得る距離だったとしても、絶対に好きにならないと思う。
その理由は、「共通点がなさすぎるから」。
だって、実際の恋愛を考えて、共通点のなさすぎる人と一緒にいたらかなりつまんないでしょ?(笑)
この点、ポルノの二人は中学生のときは本気で恋愛対象だったから(爆)←イタイけど暴露。
ほんっと、ゆうりんを知れば知るほど共通点が面白いくらいみつからない。
最近は、むしろそういうところに惹かれてるのかな?って思う。
きちんとオンの状態を維持するとか、自分のできる範囲をきちんと見極めるだとか、計算して行動するとか。
ある意味すごく賢くて、大人で、スマートな生き方(←と表現していいのかは疑問だけど)をしてるゆうりんに憧れてるのかなーって。
私はすごく不器用だからどうやったってこういう生き方はできないもん。
憧れと同時にあまりにも大人な感じのするところに不安もあるから目が離せないってのもあるけど。
ファン心としては、共通点がなさすぎてちょっと悲しくなることもあるけど・・・
でも、そういうところが私がゆうりんを「アイドル」として好きでいられる所以なのかも。
ここからは余談ですが・・・↓
こんな子ほんとに身近にいたら友達にもなれないもん、怖くて←
いつも分析されてるんじゃないかなー?って思っちゃう(笑)
たぶん、ゆうりんは全部無意識のうちにいろいろやってんだろうけどね。
最近、よく言ってるけど、JUMPのなかで本気でタイプなのは伊野ちゃん。
私たちに見せてくれている面で共通点がある程度あるし、「付き合う」って考えたときに一番しっくりくるから。
あのテキトーな感じがすっごく心地よいんだよね(笑)
私の言動をいい感じにテキトーに受け流してくれる気がするし。
逆に、ゆうとりんや龍太郎は優しすぎるというか気を使いすぎそうで・・・
私にはちょっと無理!(なんか歯がゆくなっちゃうんだよね(笑))
私も相手もテキトーに気を使っている程度でいいやって感じの恋愛観だから(爆)
って、なんかちょっと妄想入ってて若干イタイ余談になっちゃった・・・
スルーしてくださーい(笑)

~担当って何?~

メールしてたお友達から投げかけられたこの疑問。
私も立ち止まって考えてたらよくわかんくなったんだけど、一応書留程度に書いておきます。
あ、ネタぱくって(?)ごめんなさい>私信
JUMPを好きになってジャニを知ったので、最初からほんと意味分かんなかった「担当」という言葉。
ぶっちゃけ、最初から・・・今でも担当の定義・・・というか、概念がわかんない。
だから、今でこそ自己紹介するときに「知念担」っていうけど・・・いまだにちょっと躊躇いを感じたりする。
確かに、私は知念大好きだし凝視だし(←)、そのお友達にも「確実に知念担だよ!」とは言われたけど。
でも、なんかしっくりこないのは事実なんだよねー。表現の問題なんだけどね。
表現といえば・・・私、ちょっと前「溺愛」という言葉がマイブーム(?)でよく使ってたけど。
それもよく考えてみればかなり「?」もの。
私の中で「溺愛」ってのは、イメージ的に「すべて一つも残すとこなく好き!」って言ってる気がしてすごく違和感を感じてきた。
いや、確かに「溺愛」に気持ち的には近いものはあるけど。
やっぱり、ゆうりんだって人間だもの個人的には「ん?」って思うところあるから。
だから「一つも残すとこなく」ってあたりは違うよなーって。むしろそんなん無理だもの。
ゆうりんのすることなすことすべて「OK」とは言えないもの。
だから、最近はもっといい言葉ないかなー?って思う。
「大好き」じゃ足りないんだけど、「溺愛」ってのもなんか違うんだよなー。
あー、言葉探しの旅にでようかな←
「好き」って言葉←なんだけど、感覚の問題だから難しいよね。
「好き」と「愛してる」の違い的な感じね。
とりあえず、ここでは「『基本』溺愛」とでもしときましょーか(笑)
「基本」ってのが重要ポイントってことで。

~JUMPに対して~

今はゆうりんを見るのに必死すぎてJUMP全体をうまく見てない気がする。
メンバーそれぞれに対する愛の比率とかはかれるものがあったら、ものすごくバラバラだと思う。
たぶん、これからもきっとゆうりんを凝視(←)し続けるのは変わらないと思うし、正直全員を同じくらい好きにはなれないと思う。
だけど、ゆうりんがJUMPのメンバーである以上、ちゃんとJUMP全体を見渡せるようにならなくちゃな、とは思う。
(あ、グループ愛云々とかの話ではないですよ、はい。)
全体を見れなくて、見えるものも見えなくなったら嫌だし。
好きになって1年。
当初に比べたら、ゆうりんを凝視しつつも、少しは周りを見れるようになったかなって思う。
まだまだだけど←
だから、2年目はもっと視野を広げられたらいいな!って思います

あれー、すっごく長くなってしまった(笑)←
もし、全部読んでくださった方がいたらほんとにありがとうございます!

あー、でも全部書いたらすごいスッキリした
スポンサーサイト

Comment

編集
記事、読まさせてもらいました~(^^*)

私も最近アンケートとかで「山田くんのどこが好き??」って改めて聞かれてすぐに答えられずに考えたりしたんだけど…
まなこ。ちゃんの読んで、
可愛い・かっこいいしか浮かばない私の答えはまだ模索中なんだなぁって思ったり(^^;

あ、でもいのちゃんが付き合うタイプとしてしっくりくるのはわかるかも!!←黙

私も「担当」って言葉はちょっとピンとこないや><
普段は゛涼介君のファン゛ていっててたまに便宜上使うこともあるけど…
どんな言葉で「好き」を表すかは人それぞれだもんね~
言葉って難しい!!
お互い自分の感覚にぴったりの言葉を見つけられるといいね(^^*)


なんて私が軽々しくコメントしていいのかなぁ~って思ったんだけど;
いっぱい真剣に考えてるまなこ。ちゃんの文章読んだらコメしたくなっちゃって><
長々しくごめんなさいでした(><;)
2009年05月07日(Thu) 22:32
りりちゃんへ
編集
コメントありがとうv
こんな長い自己満記事を読んでくれて、その上コメントまでしてくれてありがとう・・・!!
とーーーーっても嬉しいです♪

私も基本は「ゆうりんかーわーいーいーv」(←)なんだよ!うん。
すぐに浮かんでくる感情はやっぱりそんな感じのばっかりなの。
私も聞かれてすぐにぱっと思いつかなかったもん。
好きな子の好きなとこって意識してないからわかんないもんなんだよね↓↓
私も一応今のところはあれで結論(仮)←にしてるけど、まだまだ模索中です!
一緒に模索していこうねv

伊野ちゃんがしっくりくるのわかるー??(笑)
なんかすごい嬉しいv結構否定しまくられてたから(爆)←

私もそう!便宜上使うことはあるけどね、「担当」って。
ほんとはそんな言葉じゃあらわせないんだよなって。
ほんと言葉は難しいよね・・・。
たぶん来年も(←)おなじような記事書くつもりなんだけど・・・
そのころにはもうちょっと考えが深まればいいなって思ってるよ♪
お互い素敵な言葉が舞い降りてくるといいねーv

しつこいけど(←)ほんとコメントありがとう!
すっごい嬉しかったですv
でわでわー!
2009年05月08日(Fri) 21:07
こんばんは^^
編集
ブログの書き込みありがとう^^
早速ため口が炸裂な私だけど、許してね;;
私もつい最近までは担当って変な気持ちだったんだ^^
今は、担当って言葉が他のファンの子に分かりやすいから使ってるよ!!
それに、同じく彼らは恋愛対象でもない^^
たまにふと山ちゃんだったら、もっとおいしい料理作るんだろうなとか考えたりはするけどね;;
下手したら、部分的に生き方の参考をしてるよ^^
最近は、嵐の松本さんの笑顔や二宮さんのドラマの言葉の「チャンスはピンチのふりをしてやって来る」みたいなのを、自分に言い聞かせてるし^^←
勝手に自分の話をしちゃったけど、まなこ。ちゃんは凄い考えてるんだなぁって思う^^
私もちょっとは見習いたい^^←
では、また遊びに来ます!!
2009年05月08日(Fri) 23:00
うたさんへ
編集
こんにちわv
コメントありがとー!!
ため口炸裂で全然いいよ♪てか、私も炸裂するね(笑)

やっぱり「担当」ってジャニファンにとってはなんというか一つの合言葉?的な感じだよね!
「担当」っていえば通じる←みたいな。←ちょっと意味不明だね(汗)
私も「担当」って言葉は便宜上使うけど・・・
知念侑李くんへの愛の言葉(←何それ)はもうちょっと模索してみます!

あ、私も感覚的にはそれに近いかも!
ゆうりんに自分にないものを求めて・・・うーん、でも結局参考にはできないんだよなぁ、自分が不器用すぎて(苦笑)

コメントだもん、自分の話してくれて全然いいよ(笑)
それに、私たぶんそんなに考えてないよ、実際。←え
結局、考えてもわかんなくなるから強制終了だしさ。

でわでわvまたきてねー♪
2009年05月09日(Sat) 15:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL