JULI

Hey!Say!JUMPの知念侑李くんを全力で応援しているまなこ。のブログです!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 「金メダル男」完成披露試写会@有楽町朝日ホール 9月13日。TOPコンサートレポ ≫ 「金メダル男」完成披露試写会@有楽町朝日ホール 9月13日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「金メダル男」完成披露試写会@有楽町朝日ホール 9月13日。

本日行われた「金メダル男」の完成披露試写会に行ってまいりました!

この数年で鍛えられた(?)完成披露試写会へのアンテナを使い(笑)、応募対象の雑誌を調べあげ、せっせと雑誌を読み、そしてハガキ職人となり、いくつかの媒体で応募した結果、
なんとか一般枠での当選を果たしまして、本日行ってまいりました~。
正直、一般枠がどれもこれも当選者が少なかったので、諦め半分でハガキが届くのを待っていたのですが、なんとか当選することができてよかったです。
この調子で今後もこの運が続いてくれることを祈ります…(笑)

雑誌を読んでいたときにも思ったのですが、「主演」として映画に出演させていただくこと、「主演」として扱っていただけることが本当にありがたいことなのだな、と今日も改めて思いました。
今回こうやって知念くんを「主演」として迎え入れてくれた内村さんには本当に感謝しなくてはいけないなと思います。
今まで「主演」だろうが「助演」だろうが映画に出てくれたらそれ自体が嬉しいからなんでもいい、と思っていたところもちょっとあったんですが、やっぱり「主演」は嬉しいですね。
舞台挨拶でステージにあがってきた知念くんの姿を見ただけで感極まって泣きそうになってしまいました…(が、席がうっかり前の方だったので号泣するわけにもいかず、がんばって耐えましたw)。
いろいろな感情が溢れかえったまま映画を観てしまい、泉一にどうしても知念くんの姿を重ねてしまっていたのは、ちょっと反省していますが(苦笑)(そして、映画終盤はエンドロールも含めずっと泣きっぱなしでした…物語としての感動と、初めてエンドロールの名前の下にグループ名が書いてないのを見て…とかいろいろ(苦笑))
これから、とくに映画が公開してからは「主演」として様々なプレッシャーも抱え込むことにはなりますが、「映画界の金メダル」を取れるようにがんばってほしいですね!!!
わたしもいっぱい宣伝しなければ!!!

というわけで(?)、レポは追記です。
感情がまだちょっと落ち着いていないので、けっこうバタついているかもしれませんが、ご了承ください(苦笑)


・階段下の座席がすべて可動式の椅子になっていて、逆L字型のカーペットがひかれていた。下手中央の扉の前に金色のセットが置かれていて、そこが登壇者の入場口。
・ちなみに、このカーペット、「ゴールデンカーペット」というらしい。見た感じ完全に黄色だったけど、ゴールデン。
・一般枠の少なさからしても、会場のお客さんの半分くらいはばんきょうさんっぽかった。カーペット周りや階段上中央は全部そうだったのでは。
・お客さんには金ピカのスティックバルーンが配られ、それで応援?してくださいとのこと。このスティックバルーンがなかなか曲者で、うまく膨らまないわ、うまくしぼまないわでけっこう大変だった(笑)


入場
・ばんきょうさん多めなので、歓声も大きめ(笑)すごくいいことだと思います!みんなキャーイングできていいねえ…(ばばあは高い声を発せられません)
・床にカーペットが敷かれている上を歩いていらっしゃると、知念くんはお客さんの上から頭が出ないので、最初と真ん中、最後は見えたけど、その間は行方不明だった(笑)そういうミニマムなところも好きですけども。
・そんな行方不明事件もありつつ、堂々とゴールデンカーペットの上を歩いている知念くんの姿は素敵だった。
・舞台にあがって、客席の歓声とスティックバルーンの嵐にちょっとびっくりしてたのか、そんなお顔をしていた。そのあとはちょっと落ち着きのなさを見せつつ、会場を見渡している顔がなんだかちょっと嬉しそうだったかな。
・そんな知念くんの姿を見て、わたしは早くも感極まってしまって泣くモードに入ってしまい、ちょっとだけ泣いてしまった(苦笑)号泣はなんとか食い止めた(苦笑)知念くんが輝いていた。
・衣装は、明日のWSでも映りそうですが、上がグレーのチェックのジャケットに黒シャツに細かい水玉の蝶ネクタイ、下が黒パン、革靴という、これまた大人の装い。まあ大人なんだけどね。
・ちなみに、この衣装、しかけがあったことをあとから内村さんが教えてくださいました^^

挨拶
・内村さん。「知念の人気の高さに驚いております。スクール革命では、まだこんなに(手が肩より下でしたw)ちっちゃかったのに、こんなに大人になって、立派な主演になりました!」とご自分のご挨拶もそこそこに知念くんのことに触れてくださる内村さんの優しさに涙。
・知念くん。「知念侑李です。(キャーイング)…ははっ(とヘラっと笑った顔がすんごいかわいかった!)、本日は足をお運びいただき、ありがとうございます。今日、一番に観れるということで、本当に楽しんでいってください。」参勤交代のときのようなちょっとしたたどたどしさもなく、堂々とお話されていたように見えました。さすが主演ですね…堂々としておりました…晴れ晴れとしたお顔でよかったです。
・役名の「横井みどり」のイントネーションがわからなくてアタフタしちゃってたたおちゃんを見て、ちょっと目を開いてびっくりしたような顔をしていて、かわいかった。たおちゃんって知念くんより年下?ちょっとお兄さんっぽい雰囲気漂わせていて、そういう感じもかわいかった^^
・やっぱりお母さん役だったからなのか、宮崎さんの人柄がそうさせるのか、宮崎さんに話が振られるときに、つねに微笑んだようなお顔を見せてくれた。
・時折会場を見渡すように視線を泳がす知念くんがかっこよすぎて、ずっと泣きそうでした(苦笑)

内村さんへの質問
・一人舞台でやっていたものを、映像化できたのが嬉しかったそうです。当時から映画化したいと思っておられたんですね。(どこかのインタビューで言ってたかな…)そのような作品に出演させていただけたのは、本当に嬉しいことだなあとまた改めて。
・内村さんが「一応言っておきますが、ジャケットを間違えているわけではありません。二人で1セットということで…」とおっしゃって、気づきました。たしかに、知念くんのジャケットと内村さんのズボンが同じ柄だ!!!しかも、内村さんのジャケットは黒で、知念くんはズボンが黒だ!!!で、内村さんのネクタイと知念くんの蝶ネクタイの柄が一緒だ!!!なるほど…そんな仕掛けが…全然気づけてなかった(苦笑)
・この衣装チェンジ?、すごいいいなあと思いました。初日とかでもやってほしい…。だから、けっこう大人めというか、渋めの色だったんですね。納得。

知念くんへの質問
・内村さんから直接演出をつけられることもあったと思うが、何か印象に残っていることはありますか?という質問。
・知念くん。「(劇中で)いろんな顔とかおもしろい動きとかやってるんですけども、監督が直接動きとかを見せてくださって、それを真似しながらがんばりました!」
・内村さんからのコメント。「最初、歌舞伎のみえをきる顔とかをやってみせて、知念がやって…とやったときは非常に抵抗感があったみたいだけど、みるみる上達していって、撮影中盤からは自ら変顔をやるようになっていました。あんまりこんな知念は見たことない!と思うような、変な表情がいっぱい出てくるので、そこも楽しんでもらえたら、と思います。」とおおよそこんな感じのことを。
・司会者の方の「内村さんの演出は正直大変な部分もあったのでは…。どこが大変でしたか?」という質問に。「やっぱり顔ですかね。とても整ってた顔をしているので、それが崩れるっていうのがやっぱり難しかった…少し調子に乗りすぎました!(ぺこり)」けっこう真顔で喋ってたのに、冷やかされつつで恥ずかしくなったのか、途中から顔がちょっとニヨニヨしてきたなあと思ったら、謝った(笑)これには内村さんも「自分で言うな!自分で言うなよ!笑」と突っ込まれていました^^

たおちゃんへの質問
・ダンスシーンのお話。
・たおちゃんのダンスのお話を隣でめっちゃ頷きながら聞いてる知念くん。W泉一にはさまれて…と言っていたときに笑っちゃってたのかわいかった。
・そんなダンスシーンに対して、コメントを求められた知念くん。「たおちゃんがうまいんですよ!(力強かったw)僕も一応プロですから、負けられないなと思って、すごい燃えまして。やっぱり(ダンスが)ジャニーズで一番だと思っているので………少し調子に乗りすぎましたね…。」とまた尻つぼみな発言(笑)
・そんな知念くんに「調子に乗りすぎだよ!さっきから調子に乗りすぎだよ!」と突っ込む内村さん。方々にツッコミお疲れ様です(笑)そう言われて、「すみません…(ぺこり)」としゅんとする知念くん。なんだか楽しそうです、この二人。
・たおちゃんにステップの踏み方とか褒められて、はにかんだようなお顔見せててかわいかったなあ。ハハッとかふふっとか笑ってたのも。ステップをうまく見せる方法を教えてあげていたみたいです。さすがダンス番長。
・「一番好きなシーンなので、面白いシーンになっているので、注目して観ていただきたいなと!」と知念くんのオススメいただきました。

・宮崎さんの方向くときのお顔が本当にかわいい。つらかった。口角きゅっとあがってるし、宮崎さんのお話も頷きながら聞いていた。
・宮崎さんに「まっすぐな息子二人です!」って言われて、両腕を後ろにぐーーーんってやりながら、ふふふーーーって感じの顔して笑ってたのかわゆかった…。
・司会の方が「バルーンスティック」って言ったのを聞いて、「スティックバルーンですかね…」ってぼそっと言ったのに、ぼそっとすぎてスルーされちゃって、目パチパチしてた知念くん、ちょっと可哀想だった(苦笑)

最後の挨拶
・まず、この挨拶で知念くんが喋ることって本当に初めてなので、その光景がすごく嬉しかった。
・挨拶を求められて、内村さんが喋り出そうとしてたけど、促されて知念くんから…。そりゃそうだ。
・「初主演映画ということで、すごいプレッシャーや不安の中での撮影だったんですが、本当に素敵な作品ができたと思います。映画界で金メダルを取りたいなと思います!みなさん、今日観て、たくさんの人に宣伝してください!ありがとうございました。」
・金メダル発言あたりのことだと思いますが、内村さんに「今日は調子がいいな~お前~」って言われてました(笑)そうだね、けっこういい発言してるね(笑)
・それにかぶせて内村さんが「この映画で金メダルを取りたいと思います!」って言ってきたのには笑いましたが、「今年この映画で一番笑ったで賞みたいな賞があったら、取りたいなと思う」って続けていらっしゃっていて、なんだろう、監督もやられている方ならではの発言だなあと思いました。取れると思います!

・退場のとき、後ろ髪のしゅっとしたフォルムが本当にかわいいなあと思った。髪型すら愛でられる。

フォトセッション
・場所を階段上の真ん中最前列に移してフォトセッション。
・間近でバルーンを体感してか、「おーーー!?」ってなっていた。
・途中で内村さんに「一番!」っていうポーズ(ポスターとかでやってるポーズ)をやろうって言われて、一緒にやっていた。最終的には登壇者全員で。
・緊張してるんだろうなあ…という感じの表情で、先日の参勤交代に比べるとだいぶ顔がこわばっているようにも見えたけど、お顔はかわいかった。
・手を振りながら帰っていかれました。

・他の方がお話しているのを聞いているときに、瞬きが多かったですねえ。緊張していそうな雰囲気は表情やしぐさから伝わってきてはいたけど、やっぱりかなり緊張していたのかなあ。
・内村さんが時折知念くんやたおちゃんのことを親のような眼差しで気にかけてくださっていたのが、何よりも嬉しかった。

舞台挨拶は以上です!
「主演」としてお話させていただけるって本当に嬉しいことですね!!!
司会の方がうまく話を盛り込んでくださったのもありがたかった…。ありがとうございます、さとりさん。

映画の感想も少しだけ。
・どういう撮り方をしたのかわからないけど、内村さんが知念くんの演技に寄せてくださっているんだろうな…というところが随所にあって、ちゃんと一人の「泉一」の半生に見えたのが良かった。内村さんのターンになってから、何回も似てる!!!って思った。寝てる後ろ姿とか本当にそっくり。
・にしても、内村さんの演技の幅というか振り切り方はすごいなあと思う。やっぱり表情とか動きとか何枚も上手だなあと思った。さすがコメディアン。
・噂の例のシーンはあっさり終わり、しかも泉一がけっこう可哀想だったから、むしろそっちが気になった(笑)し、そのあと、「!?」って思うシーンがあるからそっちに持っていかれる感はある(苦笑)
・劇中では一人称が「俺」だったのにびっくりしたけど、たしかにそれがなかったら、泉一を観るときに一生「知念くん」から抜け出せないかもしれない。「俺」って言われると、あ、これは知念くんじゃない!と、ハッとする感じ。
・知念くんのターンで一番印象に残っている表情は、実家を出るシーン。それまでもそれからもいろいろいい表情はあるけど、ここの表情がすごくよかった。
・一番印象に残っているシーンは、やっぱり高校の表現部の一人坂本龍馬の生と死、かな。コンサートで観たいと思ってるけど、最近なかなか観られない知念くんの美しいピルエット等が取り入れられていたこと、動きの中での「キメ」感がすごく綺麗なこと、そのあたりが印象に残っている理由だろうか…。
・あと、劇団に入った直後のシーンもすごく好き。だけど、どうしても知念くんの身体能力の高さというかダンス慣れ感が際立ってしまって、それは大丈夫だったんだろうか…と不安になった(苦笑)
・年代的な意味もあって、知念くんが着せられている服がいい感じに全部絶妙にダサくてかわいいのもポイント高かった!!!
・あ!あと、バスケ部のシーンも好き!!!
・本当にいろんな知念くんが見れる。アフレコ?も大変だっただろうな…面白かったなあ…(笑)
・平泉さんと宮崎さんの両親夫婦がとてもいい感じなので、おすすめです。最後はそれ関連のとてもよいシーンがあって、それもあいまって終盤はずっと泣きっぱなしだった…。
・エンドロールの名前の下にグループ名が入らない、ってこういうことかあ…と思いながら泣き続けていた(苦笑)隣に出てくるオフショットも全部かわいかった。とくにバスケ部。
・初回はなんだかいろいろな感情の大洪水で落ち着いて見られなかったので、何回か観てちゃんと泉一を泉一として観たいなと思います。

はい、とりあえず以上です!少しでも何かが伝わればいいのですが…(苦笑)
知念くんの、初の主演作、ヒットしますように!!!
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。