JULI

Hey!Say!JUMPの知念侑李くんを全力で応援しているまなこ。のブログです!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPJUMP ≫ Hey!Say!JUMPデビュー6周年おめでとうございます。

Hey!Say!JUMPデビュー6周年おめでとうございます。

*知念侑李くんお誕生日アンケート実施中!*
本当に簡単なアンケートです!知念くんへお誕生日お祝いメッセージをお願いします。
たくさんのご回答お待ちしております!!!回答はこちらから。
※携帯からご覧の方は、お手数ですが、上のリンクからアクセスして一旦ご自分の携帯にURLを送信してからお答えください。

こんばんは。
読売新聞の夕刊を探し続けて三千里しました、まなこ。です。
いやあ夕刊って仕入れ少ないんですね!こうなるとわかってたら早めに帰宅するとかしたんですけどね…(苦笑)
自宅を素通りしてコンビニを巡り、8軒目にしてやっと見つけました!
巡り会えて良かったです、本当に。

じゃなくて。
本日、11月14日は2007年にHey!Say!JUMPがデビューした日ですね。
今年で6周年なんですね。早いですねえ。
たしかに言われてみれば、夏のフィルフェスで何度も「7年目」という単語を耳にしたような気がします。

わたしは、デビューした時はじゃんぷのことを1ミリも知らなかった(そもそもジャニーズを毛嫌いしていた時代なんですが)からか、
正直あまり今日という日を毎年自ら意識していません。
メンバーそれぞれのデビュー前の云々もそれから半年くらい経ってからちょっとずつ知るようになって、
正直今もよくわからないまま過ごしている部分もあります(苦笑)
だから、今日デビュー日にデビューまでの云々を何も知らないわたしが何かを語るなんていうのはなかなか難しいことだなあと
いつも思ってしまいます(苦笑)
あと、ジャニーズって一般的なアーティストに比べて、デビュー日に対して実は本人も運営側もそこまで執着していないのでは…?と
思ったりするのが、かれこれ10年近くポルノさんのファンをやってきているわたしの実感(?)です。
いや、もちろん本人たちは自分がデビューしたこと、デビュー日を大切にはしているとは思うんですが。
グループによるのかもしれないですけど、毎年デビュー日に言及するような機会があるわけでもないし、比較的区切りが良い年でも
特に何もやらなかったり(特に5周年はどのグループも結構スルーされているなという印象です、私が認識している範囲で…)。
わたしは正直ポルノさんの事例しか知らないので、他のアーティストさんがどうなのかはよくわからないのですが、
ジャニーズにとっての「5周年」はある意味で当たり前、というか、他と比べるとまだ重みがないって感じなんですかね。
じゃんぷも5周年はささっと乗り越え、今年「6周年」なんですもんね。
嵐とポルノさんって同じ年のデビューなので「●周年」も全部一緒なんですが、嵐も「5周年」のときは「10周年」のときよりも
ずっとフューチャーされてなかったよなあ…となんとなーくの記憶がありますし。
嵐は10周年に向けてずどん!と売り出されたというのがわたしの印象なのですが、そういうのも全部グループによりますし、
じゃんぷが10周年を迎えるときにどうなってるのかなあと思うと正直こわいなあと思う部分もたくさんありますね(苦笑)

じゃんぷに対して、「もう」6周年なんだなって思う理由は、何年経っても変わらない「フレッシュさ」が大きいのかなと思います。
もちろん、じゃんぷよりも若いセクゾンもデビューしてますし、今年で全員20歳を超えますし、年齢的にも一番フレッシュではないんですが。
でも、自分がファンであるという贔屓目を鑑みても、「じゃんぷっていつまでたってもフレッシュだなあ」と思うんですよね(笑)
この独特の「フレッシュさ」は一体どこからどう来るものなのかわからないですが、じゃんぷの最大の武器なのでは?と思うこともあります。
この武器を世間様の目に触れるレベルで活かす場がなかなかないのが悲しいところですが…(苦笑)
何年たってもフレッシュなおかげで、なんというか、おたくは厄介なのしかいないかもしれないですけど(私も含めw)、
本人たちにはある種のとっつきやすさがあるのでは…?と思ったりもするので、うまいことじゃんぷの魅力が世間に伝わるシーンがないものか…
と、今後の展開(?)に期待したいところです。

7年目のじゃんぷに望むことはなんだろう、と考えたんですが、なかなか具体的に言い表すのが難しくて。
とても漠然としていますが、知念くんを含め7年目のじゃんぷには常に「ワンランク上のもの」を見せてもらいたいなと思っています。
いつも一緒にいる友達とよく話すことなんですが、じゃんぷは結構「自己満足」が早いところがあるんじゃないかなと時々思うことがあって。常に向上していく中での「最高地点」を見せてくれてるのかと思いきや、今のじゃんぷの「最高地点」をキープしちゃってるよ…みたいな感じで。
言葉に表現しようと思うと難しいですし、ただの悪口みたいになっちゃってあまりよくないなあと思うのですが。
なんでしょうねえ、いつも「危機感」が足りないなあと思うんですよねえ。
自分たちのパフォーマンスに自信を持つのはとっても良いことですが、一瞬でも自分たちでそれに満足したそぶりを見せないでもっと良いものはないか?と追求し続けて欲しいなあと思うんですよね。
「スカイステージ」を本当に自分たちで考えたのか大人が考えたけどそう言わされたのか真実はよくわからないですが、正直「スカイステージ」のことを嬉々として話すじゃんぷには眩暈がしましたもん(苦笑)
座席が埋まらなかったからひねり出した苦肉の策なんでしょうけど、そんな自信満々に言われる代物じゃないんですけど…っていうのが正直な感想でしたし(苦笑)
じゃんぷの悪いところなのか良いところなのかいつも迷ってしまうんですが、最初はかなりの緊張感を持ってるのに慣れてくるとちょっとだれてくるのも最近結構気になってます。
ジャニワのときに強く思ったことですが、自分の中でリズムというか力配分(?)が掴めてくると、途端にわかりやすく手を抜き始めたりしちゃうんですよね…。
いや、もちろんジャニワみたいな長期公演を毎日100%でやったら死ぬと思うので抜くことも必要だとは思いますけど、それならこちらにわからないようにやって欲しいです。
そんな姿見たくないなら通わなければいい話ですが、通っている人間がわかってしまったら結局駄目ですもんね。
親しくしていただいている戸塚担さんが、ジャニワでのとっつーの話をしていたときに、「戸塚さんは最後の最後まで毎公演何かしら違うことをやってやろう!っていう気合いが見れて、そこが好きなんです」ってお話されていて。
なんというかすごくショックだったんですよね。わたしはかつて、こんなことをじゃんぷに対して思ったことあったか…と(苦笑)
だって、じゃんぷもエビさんも同じだけジャニワをやっていたんですもん。もちろんエビさんの経験値と比べたらいけないのもわかっていますが。
仮にもじゃんぷは座長だったわけですし、かなりメインどころも持たせてもらっていたはずで(メンバーによって違いはありますけど、たしかに)。
もっと座長(仮、だとしても)として出来ることがあったんじゃないか…と思わざるを得なくて。
でも、考えてみれば、じゃんぷは今まで長期公演をそつなく「こなす」ことには慣れてたけど、長期公演をより良い方向へ持っていくみたいなことって自分たちではしてきてなかったですもんね。
してきてなかったというか、そういう機会がなかったというか、SUMMARYは体力勝負の部分も大きくてちょっと違うような気がするっていうのもあるというか…。
とにかくすごい微妙な言い方をしてしますえど、「こなす」ことには長けてるじゃんぷがジャニワでどう変わるんだろう?って思ってたら、なんというか特にこれといってグループとしての変化はなかったかもしれない、
もしかしたらわたしが気づけてないだけかもしれないけど、っていうのが今思うことで。
ただ、エビさんの経験値に基づいた云々にはだいぶ刺激を受けていたようなので、もしかしたらこれから大きく何かが変わるのかもしれないですけどね^^
今回の全国ツアーは自分たちで意見を出し合って作り上げていったものだったようなので、それが第一歩なのかなっていうのはわかってます^^
が、最終公演のじゃんぷが仙台に長期(?)滞在していたせいなのか、なんか修学旅行中の男子学生を見ているようでいつものじゃんぷ感ありまくりでズコーーーーってなったんですよね(笑)
まあ、それがじゃんぷのいいところでもあるのはわかってるので何とも複雑ですが(苦笑)

パフォーマンスする側にとっては結構過酷なことは重々承知の上ですが、毎回同じものを見せるためにトーンダウンするんだったら、失敗してもいいから常に高めキープで突っ走ってもらいたいなと思うんですよね。
抽象的な感じで何言ってるんだろうと思われるとは思うんですが(苦笑)
今思えば、ポルノの岡野くんも、2日間3日間公演が続くとき、前は結構わかりやすく温存しているような歌い方をしていたんですよね。
でも、今は、もちろん15年やってきたからっていうのもあると思いますが、実は温存してるのかもしれないけど、温存なんてこっちには微塵も伝わらないようになったんですよね。
いや、全く温存してないかもしれないんですがwww最近の岡野くんそういうところあるので(爆)
だから、もっともっとじゃんぷが経験を重ねたら、自然とそうなっていくことで、今からファンが望むこととは違うのかもしれないです。
だけど、なんだろう、正直、わたしは「いつものじゃんぷ」は見飽きました(笑)もっともっとわたしが知らないじゃんぷが見たいんです、常に。
もしかしたら単純にコンサートたくさん行くのやめたら変わるのかもしれないですけど(苦笑)
いつもコンサートで知念くんを見ていて思うこととも共通していますが、ファンの要望に忠実に応えていくことも大切でそれから離れるのはこわいのもわかるけど。
自分たちの魅力は自分たちでしか作れないんだから、もっと外に目を向けて、自分のテリトリーを超える「何か」を手に入れていって欲しいなあと思います。

いろいろと思いつくままに書いているので自己矛盾が生じていたりしそうでこわいですが、そろそろこのあたりでやめておきたいなと思います。
最近ひたすらエビさんにハマっていたり、この記事でもじゃんぷのダメ出しみたいなことたくさん書いちゃってるんですけど(苦笑)
なんやかんやわたしはじゃんぷのこと大好きなんですよね。だって、こんなに無駄に重く重く考えてるもん(爆)
興味がないって恐ろしいもので、興味がないことや好きじゃないことって普段全然考えようともしないですもんね。
まだじゃんぷについて考えてる、考えたいと思ってるうちは、きっとわたしはじゃんぷのこと好きなんだと思います(笑)
ということで、なんだかあまりおめでたい記事にはなっていませんが、改めて、デビュー6周年おめでとう。
まだまだじゃんぷに期待させてください!!!!

長々と失礼しました!不快に感じられた方がいらっしゃいましたら、ごめんなさい!
これからもじゃんぷとこのブログをよろしくお願いいたします^^

ジャニーズブログランキングに参加しています♪
よければクリックお願いしますv

ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト
JUMP | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする