JULI

Hey!Say!JUMPの知念侑李くんを全力で応援しているまなこ。のブログです!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPコンサートレポ ≫ JOHNNYS' World@帝国劇場 11月11日2部(一幕) レポ。

JOHNNYS' World@帝国劇場 11月11日2部(一幕) レポ。

*知念侑李くんお誕生日アンケート実施中!*
本当に簡単なアンケートです(笑)
たくさんのご回答お待ちしております!!!回答はこちらから。
※携帯からご覧の方は、お手数ですが、一旦ご自分の携帯にURLを送信してからお答えください。


こんばんは。

昨日の夜、「JOHNNYS' World」に行って参りました。
正直、話の展開は途中から急激にわからなくなって意味不明感が強いんですけども。
でも、ショーとして舞台として、わたし初めてジャニーズの舞台観たんですが、単純におもしろかったです。
おもしろかったけど、約3時間半の舞台を真剣に観るのはすごく体力を使うんだなあとも思いました。
ただただ観ているだけのわたしですらこんなに体力を消耗してしまうんだから、いくら元が違うとはいえ、演じてる方はもっと大変なんでしょうね。
それを代わってあげることはできないけど、わたしは知念くんに、じゃんぷに、エビさんに、セクゾンに、出演しているみんなに拍手を送ることで少しでも力になれたらいいなあと思いました。
なんというか、クラシックのコンサートだと時々サクラ的な意味で拍手を送ってしまうことも正直あります。
でも、昨日は、そういう気持ち、一切なかったです。心から拍手を送りたいと思えました。
3カ月間というものすごく長い公演だし、気持ちがゆるんじゃいそうになるときもあるかもしれないけど、
そこはぐっと耐えて、最後まで本当にしっかりやり遂げて欲しいなあと思います。
体調管理だけは本当に気をつけてね!

ということで。
追記は、「JOHNNYS' World@帝国劇場」11月11日2部(一幕)のレポです。
この長さだとガラケーからだと最後まで読めない気がします・・・読めるかな(苦笑)
ちょっと確認して読めないようだったら、一幕と二幕で記事を分けたいと思います。
特に有益なことは書いていない感情ダダもれのレポになってるんですが、それでも大丈夫!という方は追記へどうぞ。
最後の方は力尽きてきて知念くんが出ているところ以外はほぼ触れていませんがご了承ください(苦笑)


※やっぱりガラケーからだと最後まで読めないようでしたので、記事をわけます。


ジャニーズブログランキングに参加しています♪
よければクリックお願いしますv

ジャニーズブログランキング



とりあえず、この記事では一幕の感想を。

【一幕】

オープニング
・1階の客席で小さな少年とお客さん(ジーロケッツの人?)が「ボクの席!わたしの席!」と小競り合いするお芝居。
 わりと唐突に始まったので最初何が起こってるのかよくわからなかったです(爆)
・そして2階からだと1階の客席がほぼ見えない(というかわたしの席だと全くと言っていいほど見えなかった)ので、マンションに貼られている鏡みたいなのにぼんやり映る光景を見るしかなかったという(苦笑)
・結局少年が席を間違えていて、劇場のお姉さん(ジーロケッツの人)が「案内してあげますね」ということで少年と一緒にフライング。
 そのフライングの最後のほうでなぜか少年が落ちそうになるんだけど、これはなんでだっけ。忘れました(おい)
・というわけで、このフライングが終わったら幕が開きます~。
・開演ちょっと前から舞台のスクリーン越しにピアノとバイオリンがスタンバイ。
 これ幕(スクリーン)があくまではてっきり映像だと思ってたんですけど、透けてるだけで本物でした。

Hello Broadway
・幕があけたら、まず、山ちゃんがセンターでフライング。困ってしまうほどド正面でした(苦笑)
・大階段にじゃんぷが白タキシード姿(この衣装とっても豪華!金色が高級そうな感じです)で登場。ステッキダンスです。
 知念くんのステッキダンスには若干不安があったわたしですが、そんな不安は杞憂だったようで、とっても素敵でした。
・大階段みたいなところから降りてくるんですけど、そのときの降り方が華麗で、舞台ならではの豪華で華やかなセットと音楽も相まって、ものすごく気持ち悪い言い方ですけど。
 知念くんに、本当に、ときめきました!!!!!ときめきすぎて、階段を降りてくるときに泣きました。
・なんでしょうね、舞台って知念くんをいつもの何倍も何十倍も何百倍も何千倍もなn(略)も素敵に見せてくれる効果でもあるんでしょうか。
 本当に、久しぶりに、「心がきゅーーーーーってなってときめき」ました(by鍵泥棒のメソッド)。
 いろいろ考えたんですけど、「ときめいた」という表現が今のところしっくりきているので今のところはこの表現でいきます。
・しょっぱなからステッキダンスで魅せられて息も絶え絶えなんですけども、いちばん好きだったのはステッキをトンって前について脚をパクってやるところでした。
 というどうでもいい報告も含めていきますのでご了承ください(苦笑)
・途中で山ちぃ通路上空フライング。山ちゃんが上手で、知念くんが下手。
・山ちゃんは主役さんなので単独で動いていたりする関係か、知念くんがじゃんぷとか7のほぼセンターポジみたいなところが何か所かあって。
 普段知念くん@センター欲がないわたしですが、センターに立つ知念くんがかっこよくて本当に素敵だなあと思いました。
・ここまでは楽しい楽しいショーだったんですけど、山ちゃんがメインでのフライング中に落下(という演出)。
 演出なのはわかっていても、なんというか、わりとガチっぽい落下に見せている気がして、しょっぱなから寿命を縮められました(苦笑)
・落下したときに「中止だ!中止だ!」みたいな感じになったんだけど、そこに薮くん(プロデューサー役)が現れて中止なんてしない続けろ!みたいに命令。
 「ショーマストゴーオン!」のセリフとともに(たしか)センターから噴水の水をかぶりつつフライング。

エビさんとセクゾンが登場
・暗転したらエビさんが登場、だっと思います(曖昧)
 (なんかいろんなことがいっぺんに起こりすぎてすでに理解できない感じになっていて記憶が曖昧なんです)
・薮くんも歌っていたような・・・。
・エビさんが蛍光みたいな衣装着てダンスしてたような・・・。
・全部「ような」ばっかりですみません(苦笑)
・エビさんの後ろでバラが回ってるなあと思ってたら、今度はセクゾンちゃんが登場。
 ご存知かと思いますが、セクゾンといってもふまけんしょりしかいなくて、聡マリは欠席です。
・真っ黄色の衣装を着ていて、色的にも型的にも強そうでかっこいい感じの衣装(だと思った)なんですけど。
 最強だったのはやっぱり勝利くんで肩にくっついているヒダヒダのおかげで王子様度が3割増でした。

JUMPバンド
・正しくは、JUMPバンドwithけんと先輩。いのおさんキーボのかわりにけんと先輩キーボです。
・回転するせり上がりステージみたいなところに乗っかって演奏してるんですが、なんかかっこよかったですじゃんぷバンド。
・山ちゃんもちゃんと生でサックスを吹いているみたいですごく嬉しかったです^^
 リードミスしちゃってサックス特有のピーーーー!っていう音出ちゃってたけど、大丈夫大丈夫!
 失敗なんて恐れないでどんどん吹いていってね!
 リードミスしちゃうとわりといつもオロオロしちゃってるんだけど、(友達も言ってたけど)オロオロしないで山ちゃん!
 「え、こういう音出したかったんですけど、何か?」って顔してれば大丈夫だよ!ほとんどの人にはばれない、はず^^
 (おたくに意外と元奏楽部が多いというのが悲しい事実だけども・・・気にしないで!!)
 ちょっとのリードミスなんかより、わたしは、リードミスがこわくて山ちゃんが堂々とサックスを生で吹いてくれなくなっちゃう方が悲しい!がんばれ山ちゃん!
・と、サックスが絡むとうっかり熱くなってしまうのがサックス吹きの悲しい宿命です・・・。

赤い衣装の曲
・ここの音楽が、ああ舞台じゃない限りじゃんぷの現場では聴けないだろうなあ!って感じのビックバンド的な要素もありそうなブラスが効いた素敵な音楽で!!
 ジャニワの中の音楽でいちばん好きかもしれない音楽です^^
・ここはメインどころの出演者がみんな真っ赤な衣装を着て、みんなで踊るんですけど。
 ちょっとフリーに踊れるところで、隣にいた河合くん(?)と一緒に頭をぶんぶん振っていて。
 その光景はいつもだったら「また始まったよ・・・」って若干思った気がするんですが、もう、なんというか、とにかくかっこよくて!!!!
 まさしく、ジャニワマジック!!!みたいな感じでした(笑)
・いや、この曲、音楽も相当(個人的に)素敵だったんですけど、ダンスもすごく素敵でした^^
 だからこそ、このあとの演出の都合で知念くんは途中でいなくなっちゃう(はけちゃう)のがすごく残念でした(個人的には)。
 いや、次の演出に知念くんが抜擢されて嬉しいし、文句じゃないんだけど、でも、やっぱり踊ってるのも素敵だからフルでも観たかったなあみたいな感じです、すみません、贅沢言って。

ショー中断
・ショーが中断されて、山ちゃんと薮くん(プロデューサー)の口論が始まります。
 なんかよくわからないけど、山ちゃんも薮くんも怒ってるみたいな感じでこわかったです、うん。
・で、そのあとに、舞台の前にはられたスクリーン上を薮くんとオレンジの衣装を着た知念くん(下手)と勝利くん(上手)で歩くという演出。
 わたしはこの演出ほかの舞台で見たことがないので、なんと呼ばれているのかわからないですが、こないだのサマリーを見た人に伝えるとするなら、勝利くんがやっていた円柱フライングの平面版みたいな感じです。
・なんせフライングしている間はほぼつむじを見ているようなものだったので(席の都合上もありますが)、下手側にいるのが知念くんだと認識するまで結構時間がかかってしまいました(一生の不覚レベル・・・)。
 よくよく考えたら、ここに出てこないと、前の曲で途中でハケた意味がわからないし、ちゃんと考えたらわかることだったんですけどね(苦笑)
 なんかしばらくぼーーーっと見てましたね(苦笑)みなさんもわたしのようにぼんやりしないように気をつけてください(苦笑)
・知念くんとわかる前も、ぼーーっとしていたとはいえ、本能が訴えかけていたのか(笑)下手側の子をわりとずっと見てたんですけど、ざっくりとそこまで上手じゃないなと思ったところもあって(おい)
 あのフライングはどれがうまいと言える状態なのかさっぱりわからないんですが、こんなもんで良いのでしょうか?
 まああと3カ月もありますし、今がマックス上手っていうことはないと思うので、今の状態で「うまい」と呼べるにせよ呼べないにせよ、これからの成長が楽しみです^^
・とりあえず、自分は次回はきちんと最初から最後まで知念くんを「しっかりと」見てきたいです(苦笑) 

山ちゃん×はっしー×けんと先輩
・山ちゃんとはっしーとけんと先輩のトリオ。みんな歌上手だねえ^^
・山ちゃんが「どうして12か月しかないんだろう、13月を探しにいこう」みたいなセリフをおっしゃって、12か月をめぐるショーが展開されます。

1月
・新年っていうことなのかなんなのか、春夏秋冬の四季が一気に流れた気がしました。
・じゃんぷの衣装は、春から着ている折り紙衣装。この衣装は大好きなので何回でも着てくれて大丈夫です^^
・とりあえず、1月のいちばんの見せ場はスクリーンに「夏」って流れるときの太鼓かなと思うんですが。
 後ろのJr.が叩いている太鼓は普通の和太鼓なんですけど、じゃんぷが叩いているのは和太鼓と見せかけて、表面に水を張ったロータムのような太鼓でした。
 (2階から見るといろんなことがわかって面白いです^^)
 その太鼓を叩くと水しぶきがあがって、太鼓の下からあててるライトによって綺麗な演出がなされるという感じでした。
・最初は知念くん遠慮がちに叩いているように見えたんですが、途中でみんなとバシっと揃えなければいけないところではちゃんと隣と水しぶきの高さが合うように叩いていましたねえ。
・あ、ちなみに、ものすごくどうでもいいですけど、じゃんぷさんは和太鼓じゃないのでバチも柄の部分に蛍光オレンジのテープ(?)を巻き付けた(?)マーチングでよく使うようなバチでした。
・ちなみに、山ちゃんはハケていらっしゃるので太鼓部隊にはいません。

2月
・エビさんによる和テイストのダンス。
・なんかいろいろすごかったです。なんというか、この舞台を通してエビさんには「すごい」としか言えないです。
 本当にいろいろすごかったです。

3月
・衣装は桜スーツ。
・大階段にピンクの桜の布が敷かれて、そこをじゃんぷは降りてくるんですが。
 布なんて敷いたところを歩いて誰か踏み外して落ちないかちょっと心配になってしまいました。
 だけど、なんだろう、舞台ですね。誰も下を見ることなくまっすぐと前を向いて堂々と降りていました。
 うーーーーんかっこよかった!!!!!
・あ、今更ですけど、知念くん黒髪です!やったね!
・大ちゃんが途中からキューブフライング。
・随所随所で思っていたことなんですが、なんというか、知念くんいつもよりしっかりきっちり踊っているなあと思いました。
 いつも手抜きしてたりしてるってほぼ思わないですけど、なんというかいつもよりも本当にしっかりきっちりだなあと思いました。
 キビキビというんでしょうかね、うーん。良い表現が見つからないんですが。
・この曲もわりと好きなタイプの曲かなと思いました。じっくり聴きこみたいです^^

4月
・タイタニック。タイタニック号の事故が4月に起こったということから4月がタイタニックみたいです。
・五関さまダンス。これすごく良くて感動してしまいました。いやあエビさんには終始感動してました。
・薮くんもお歌で参加しています。

5月
・ドイツの飛行船の爆発事故のお話。戸塚くんがレポーター役。
・爆発した飛行船の骨組みをかたどったバルーンみたいな装置がありえないくらい大きくてびっくりしました。
・山ちゃんがベージュスーツで登場。薮くん(プロデューサー)になんで悲劇ばっかりやるんだよみたいなお話。
・圭人の英語ナレーション。誰か訳してください。

6月
・ふまくんのお歌にけんと先輩のピアノにしょうりくんにプロの黒人ダンサーさん、に、高木くんの演技。
・悲劇のジューンブライド的なイメージなのかなあという感じの演出でした。
・大階段にウエディングドレスのベールをかぶった人がと思ったら、それをまとってたのは(たぶん)高木くんで。
 自らそれを脱ぎながら掴んで誰もいない・・・みたいな悲壮感に満ちた演技をしていました。
 ものすごく切なくて悲しくて悲壮感が漂っていて良い演技だったと思います。
・それにしてもプロのダンサーさんのダンスは当たり前だけど圧巻。

7月
・急に明るくなってお祭りが始まります。Jr.の見せ場かな。
 (あむちゃんはセンターの下手寄りでシンメはじんちゃん。郁さんはあむちゃんの隣の隣くらいで下手側)
・じんちゃんラインは元岸ふうラインはベロア素材のクリスマス衣装で、それ以外の子はとりあえず赤い衣装で合わせました的な。
・岸ふう岩橋くんの三人はこのラインとは別でじんちゃんラインの後ろ上手側にいました。
・ついにこのラインが別々になったのか・・・前からではあったけど、ちょっと寂しいっす・・・(涙)
・思わず岸くんを双眼鏡で見てしまったけど、相変わらず元気で安心しました。あ、郁さんもちゃんと顔作れてました!(その報告やめてあげて)

8月
・シャッフルユニット。メイン組(じゃんぷ、エビさん、セクゾン)を青と紫と緑のチームにわけました!みたいな感じです。
・青は圭人とかいのおさんとか、紫はとりあえずゆうとくんがいてげたっぷ(ちなみにあむちゃんはここにつく)ということしか把握できていないこの事実(苦笑)
・知念くんは緑チームで、最初の方だか最後の方だか忘れちゃったけど3:3で分かれるときは下手側だったかな。
 知念くんの斜め後ろに塚ちゃんがいて一緒に視界に入ってたんですが、塚ちゃんのダンスが元気いっぱいすぎてまるでひとり違うダンス踊ってるみたいでした(笑)
 いや、でも、なんだろう、だからといって乱れてる乱されている感じがしないから不思議。塚ちゃん面白いです。
・全チーム合流したときに、YYがかるーーくほんとかるーーくアイコンタクトとっていたように見えました。
・全チーム合流したら、暗転してまさかの衣装の電飾ショー(苦笑)これ好きだな、いつでもやるよね(苦笑)
・電飾ショーが終わったら、ちょっとフリーダンス的なところがあるんですが、知念くんひとりで謎な動きをしていて。
 ああいつもの知念くんが漏れ出てるなあと思いました(笑)
 ちょっとこういうところ見せてくれないと本当に知念くんなのかわからなくなっちゃうからね、この舞台。

9月
・エビさんによる大喜利。岸くんと岩橋くんが座布団ボーイ。
 野球のユニフォームを着せられている岩橋くんと座布団ボーイらしく衣装の上に長いハッピみたいなのを着せられて前が閉じられないのが若干気がかりな岸くんが面白かったです^^
・とりあえず、断片的でも覚えていることだけ。
 ボクはバンパイアのパロディで、「僕は中学生」。厨二病。かぶとむしゼリー。五関さまの笑顔はみんなを幸せにする。

10月
・牛若丸(山ちゃん)の綱渡り。
 綱渡りの装置が、舞台に向かってカタカナのコを描いたような装置で。
 上手側と下手側はただの棒なんですが、真ん中の棒を繋いでいる部分だけ妙に細い綱で(下に補助板はあります)。
 え、こんなほっそい綱わたるの?わたるの?え、わたるの?って完全にパニックになりました(苦笑)
・残念ながら、その細い綱のところの半分くらいで落ちてしまって成功とはならなかったんですが。
 なんというか、この演出って精神的にも身体的にもかなり消費するだろうからとにかく安全にやり遂げてほしいなと思いました。
・最後のセリフ、全部自分に言われているみたいで、なんというか、山ちゃんって本当にすごいなあと思いました。
 
11月
・壇ノ浦の戦い。源氏(白)が知念くんで平氏(赤)が塚ちゃん。
・知念くんが上手、塚ちゃんが下手でゴムみたいなのがついたフライング装置で殺陣フライング。
 なんというか、ゴムのおかげでいろんな動きができるんですけど、その高度なフライングを見ることによってエビさんとの力の差を見せつけられた感じがしました。
・知念くんもフライング上手だと思うし、実際上手だと思うんですよ、じゃんぷの中では。
 ですけど、塚ちゃんと並んでフライングすると、ああこんなにも違うんだなあって思うほど塚ちゃんは上手で。
 回転とか回転自体は知念くんもすごく綺麗だし上手なんだけど、止まり方とかがやっぱり違う気がして。
 なんというか、これから三か月で塚ちゃんのいいところいっぱい盗んでもっともっと魅せられるフライングができるようになってほしいなあって思いました。
・今日、かるく職権乱用して、壇ノ浦の戦いについて調べてやっといろいろ理解しました(苦笑)
 そもそも、イメージで完全に赤が源氏なのかと思っていたくらいの知識のなさでしたからね(苦笑)
 本当に仕事柄こんなにも無知なのは恥ずかしいことです・・・(死亡)
・セリフからも感じ取れたことですが、知念くんは源氏でもどうやら源義経の役みたいです。
 (ということは、山ちゃんが成人したら知念くんってこと?というなんだかおかしな設定はおいといて)
 一応設定が海上での合戦だったような気がするんですが、源氏の水軍の大将が義経なんですよね。
・ちなみに、塚ちゃんは平氏の大将なわけですが、平氏だと平宗盛になるんでしょうか?(知らん)
・途中で、塚ちゃんが「なんとかかんとかは掟やぶりだ!」みたいなことを言って、知念くんが「そんなの関係ない!打て!」みたいなことを言っていて、そのときはなんだかさっぱりわからなかったんですが。
 調べたら、当時の戦では、船の漕ぎ手を狙うのはご法度だったらしいんですが、義経がそれをやったらしいんですね。
 どうやらそのあたりの緊迫した合戦の様子を塚ちゃんと知念くんは演じていたらしいです。
 が、平家物語にはこの話はないらしく、このあたりについては結構不明なところが多いらしいです。
 いったいじゃにーさんは何をもとにこの場面を描いたのでしょうか・・・(知らん)
・という、もはや職業病的な調べものはどうでもいいとして。
 知念くんのセリフまわしなかなかいい感じでほっとしました^^
 まだまだ余裕はなさそうだから、セリフに関してもどんどん上手になっていくんだろうなあと思うとワクワクします。
・ちなみに、綱渡りの緊張に加えてここでもものすごく緊張していたので、緊張しすぎで気持ち悪くなりました(苦笑)
 みなさんも緊張しすぎには気をつけてください・・・。
・それにしても、緊迫した合戦の中で義経を演じる知念くんはかっこよかったです。すごく幼稚な表現で申し訳ないですが(苦笑)
 衣装も「大将!」って感じだったし、ハチマキもすごく似合ってたし(麗しかった!!!)、ビジュアル的にも恵まれたなってのもあったんですが。
 かっこよかったです・・・見せ場をありがとうございます感謝です・・・。

12月
・忠臣蔵。
 忠臣蔵は調べてないので、とりあえず光くんがトップで、山ちゃんが主税で、そのほかじゃんぷ(-薮くん)が一般の赤穂浪士ということしかわからなかったです。
・初めてみたのでミスだってそのときはわからなかったんですが、知念くんがひととおり前振りみたいなのが終わりかけたところで上手側からすっと合流して、そのまま演出の都合上下手側にあっという間にハケていったのは着替えが間に合わなかったんですね(苦笑)
 でも、初めてみたわたしはミスだって本当にわかなくて。すっと自然に合流したものだから、これで合ってるのかと思ってました。
 ミスも自分でうまくフォローしていく力も舞台では重要だろうなとおもうので、ミスはないのが一番だけど、そういう力も向上するといいね。
・河合くんの高笑いが上手すぎて震えました。
・ペアになっての殺陣の見せ場では(たぶん)ありちぃ。立ち回りが身軽すぎて重力が存在してないんじゃないかと思いました。
・背中で滝をうける知念くんがものすごくかっこよくて震えました。男前すぎました、うん。
・山ちゃんのお芝居のあいだは後ろの方々はスローモーション。これも結構体力いるだろうなあ。
・なんだかよくわからないけど、歴史がかわっちゃう!とかなんとか薮プロデューサーが歴史に飛び込んできちゃってパニックになって、岩肌が決壊して山ちゃんの滝滑り。
 なんだかよくわからないまま終わってしまったけれども、逃げろ!って言われて押された知念くんがぺしゃんってヨタって座り込んだのはいつもあんな感じなんでしょうか。
・結局、薮プロデューサーが命を落としてしまって、セクゾン(もたぶん天使さん)率いる天使が薮くんを天に召すというストーリーに。
 ここまで「ザ・時代劇」的な感じだったのに、急に洋風というか現代的というかとにかく急展開すぎてよくわからなかったです(苦笑)
・天に召される薮くんを目の前で、しかも、1幕が終わって生き還る(?)薮くんを見てしまったわたしたちはどうすればよかったんでしょうか(苦笑)


ここまでで一幕は終わりです。
興味がある方は二幕もどうぞ。


ジャニーズブログランキングに参加しています♪
よければクリックお願いしますv

ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする